コスパ

ローヤルゼリーってどんな製造方法なの?

ローヤルゼリーやハチミツは働き蜂が集めてきた花蜜や花粉から作られます。
まず、それを働き蜂の体内に取り込むことによって、分解された後、合成され、上顎と下顎の咽頭腺と大顎線から分泌されるものを混ぜ合わせたものが、ローヤルゼリーです。
このローヤルゼリーを作れるのは羽化してまだ数日しか経っていない若い働き蜂のみが作ることが出来ます。

働き蜂の体内はただ消化吸収するだけでなく、栄養素を分解した後に合成や再構築することが出来るようになっています。
ローヤルゼリーとはまた違った方法ですが、ハチミツも同じように働き蜂の体内で作られるのです。
こうして作られ、王台と呼ばれる巣にローヤルゼリーは貯めこまれていきます。

王台とは女王蜂になるべき幼虫が置かれる巣で、一つの巣に限られた数しかありません。
そのため、ハチミツと比べるとローヤルゼリーは採れる量が格段に少なくなっています。
養蜂場などによって、この王台を人工的に多く作りローヤルゼリーを多く採れるようにしているところもありますが、それでも若い働き蜂しか作られないというのもあって非常に貴重なものなのです。
ローヤルゼリーは働き蜂の大きな働きによって、作られていることが良くわかりますね。
また、ローヤルゼリーで骨粗鬆症予防になるのは嬉しいですね。

このページの先頭へ